FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子大生のパンチラオヤジはキモイ!と罵倒した女子高... 

カテゴリ:女子大生のパンチラ

今まで知らなかった女子大生のパンチラ の発見があることでしょう。

「あっ、はっ、マ、マー君・・・・・・・き・・て・・」 俺は何を言っているのか聞き取れず、ひたすら激しくアソコへの愛撫を続けていた。クリトリスは見えなかったけど初めて直に「おま○こ」を見た。ヤバイ・・・・かわいすぎる気持ちよすぎる・・・・ しばらくはじっとしていたはずだが、俺はいつのまにか激しく腰を振っていた。5つも年上の人なのに、俺はかわいくてしかたなかった。(南明奈似のパンチラ美女)さんも目を少し細めて俺の顔を見ていた。やがて俺は(南明奈似のパンチラ美女)さんのパンツに手をかけた。

「マーくぅん・・・・来て・・・」俺はやっと意味がわかって、(南明奈似のパンチラ美女)さんの股間から顔をあげた。入り口が結構窮屈で、すごく抵抗を感じたがかなり濡れていたからか、亀頭が入ってしまうと根元までスムーズに入ってしまった。俺は目があった瞬間、(南明奈似のパンチラ美女)さんの悶えた顔を見つめながら発射していた。俺の目はいつのまにかヘアに釘付けにされていた。「でも、もう今は裸で一緒じゃんw」 (南明奈似のパンチラ美女)さんはますます顔を赤くして涙目になった。「ゆっくりでいいよ・・・」 (南明奈似のパンチラ美女)さんのやさしさに胸がジーンとした。

「んんっ・・・・・・あぁぁぁん・・・」(南明奈似のパンチラ美女)さんはゆっくり目を閉じるとその瞬間顔を横に向けた。俺は(南明奈似のパンチラ美女)さんに覆いかぶさると激しくキスをし、両方の胸を揉み乳首を指でこね回した。「あああぁぁっっ・・・・・きゃあぁぁぁぁ、あんっ、あんっ、ああぁぁっ・・・・」 (南明奈似のパンチラ美女)さんが俺の首に腕をまわすと俺の顔を必死に見ている。俺は一気に自分に可能な限りのスピードで腰を振っていた。俺は(南明奈似のパンチラ美女)さんの体の上をズリあがると(南明奈似のパンチラ美女)さんの顔を見つめた。「マー君・・・・いいよ・・きて・・・」 俺は(南明奈似のパンチラ美女)さんの両脚をゆっくり裏から持ち上げ、チンコに手を添えないで入れようとしたが、上に滑って入らない。

俺の興奮状態は収まらず激しく愛撫を繰り返してた。(南明奈似のパンチラ美女)さんは枕元のスタンドの明かりでも分かるくらい真っ赤な顔で少し目を潤ませて、「そんなに見ないで・・おねがぁい、返してぇ~」とつぶやくように言った。そしてタオルケットに潜り込み顔を目から上だけ出し、 「あ、あのね、女の子だったら誰でもこうなるんだよぉ。「あんっ、はぁっ・・・はぁっ・・あっ・・・ぁんっ・・」 俺は(南明奈似のパンチラ美女)さんのアソコが俺のチンコを締め付けているのを感じた。パンツを脱がすとヘアが露出した。(うぉ、そいえば何かの本で読んだぞ、女の子は感じたら濡れるって。

スポンサーサイト
[PR]


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。