FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷パンチラ でレイプされ、ゆるゆるになる女。 

カテゴリ:童貞が見るパンチラ

奴隷パンチラ 新技を発見。

何しろ、菌が完全になくなるまではね、なかなかおうちには帰してもらえそうもないみたい」 「ピン、ボーン!」  玄関のチャイムが鳴りました、私は立ち上がって、玄関の方へ。こんなんだから、恋人もできないんです。僕、病院には電話しなかったのですが、よろしかったでしょうか?」 「大丈夫みたいよ。それに、なに、孝夫さんのほっぺた、真っ 赤だわ) (釈由美子似のパンチラ美女)は、いとおしくなって、孝夫さんの肩に置いた手を少し手前に引いたのです、そして、顔を近づけ、孝夫さんの紅を引いたような唇に、そっと、わた しの唇を重ねていったのです。明日は名古屋ですから」 「準備でもあるの?」 「ええ、ちょっと、部会で発表を」 「孝夫さんなら、大丈夫よ。孝夫さんの肩がかすかに震えているようなんです、しかも、孝夫さん顔を伏せてしま って。

「さぁ、上がって。爪もピンク色。なにか、照れたような、でも、とっても優しそうなまなざしをして、(釈由美子似のパンチラ美女)のことを見つめて。そして、顔を上げてもらったんです。ええ、でも、もう少し、かかりそうなの。新幹線の中で、少し原稿、見ておいたら、それで十分…」 「そんな…」  見ると、孝夫さんは、顔を赤らめていました。

「(釈由美子似のパンチラ美女)、どうしたの?」 「ああ、気がつかれてよかったです。と、そのとき孝夫さんの瞳がキラっと光ったような気がしました。それに、あなたにも…」 「ですから、今日、僕が、先生の本を、お宅にお届けしてもよろしいでしょう か?」 「いいわよ、お待ちしているわ」  主人は、今、埼玉の国立療養所に入院しているんです、肺結核で。で、玄関には誰か?」 「ああ、さっきのは宅配便で、僕が代理で受け取っておきました」 (まぁっ、この人は、こういうことは、きちんとしてるんだから)「では、僕は、これで失礼します」 「いいじゃない、もう少し。是非、上がってもらって、おいしいコーヒーを入れてあげなくっちゃ…。気が付くと、私は、ソファの上で横になっていて、目の前に孝夫さんの顔が。

まぁ、なんて長い指なんでしょう。「さぁ、あがって」  (釈由美子似のパンチラ美女)は、応接室に案内をしました。「あっ、目を覚まされたんですね、よかった。そんな 孝夫さんを見ていたら、(釈由美子似のパンチラ美女)、安心してしまって、目を瞑って眠ってしまいました。「お願い、逃げないで!」  孝夫さんの目に、おびえが走ったような。(釈由美子似のパンチラ美女)は、右手を肩からはずして、孝夫さんの顎の下へ。

スポンサーサイト
[PR]


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。