FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【素人ナンパ】マジックミラー号に素人美女連れ込み即ハメ。 

カテゴリ:女教師のパンチラ

あなたの女教師のパンチラ を調教したいのですが。。。

祐希は(磯山さやか似の美女)に重なりながら、その淫らな舌に対して憎しみに近い妬みを感じた。それは陵辱の威圧を捨て去った、形振り構わぬ恥態の姿だった。膣の奥は痙攣し、身悶えるように中の肉茎を締め付けた。信次の悦楽は極みに達しつつあった。生け贄の教師は朦朧とした意識の中で、縮動する膣の奥深く祐希の全てを受け入れた。先生… ど… どうして… 信次なんかで感じちゃだめだ… 今、俺と結ばれてるんだよ… 俺の全てを受け止めて… 祐希は(磯山さやか似の美女)の体の反応を強張りで感じながら、自身も官能の極みへと昇りつめていく。

「あぁ… せ…先生… ここも舐めて…」 信次は(磯山さやか似の美女)の口に浸かった茎を抜くと、自らの強張りを手で握り締めながら、その付け根にある袋を唇に差し出した。口紅の取れかかった唇の隙間から先の伸びた舌が這い出し、二つの球を弄ぶように転がす。(磯山さやか似の美女)先生に受け止めて欲しい… 男として見て欲しい… 今までの陵辱は本心じゃないんだ… 先生の全てを力で奪うしか無かったんだ… 避妊の膜に隔てられながらも、儚い想いの混じった幼い精液は、打ち震える少年の体温を(磯山さやか似の美女)の子宮へと浴びせかける。まるで信次の全てを愛撫し尽くすような、情愛に満ちた光景そのものだったのだ。祐希にとっての陵辱の儀式は、いつの間にか懺悔にまみれた告白の儀式となっていたのだ。舌は(磯山さやか似の美女)の意思を離れ、生き物のように信次の茎に絡みながら、淡い淫らな味の粘液を舐め取る。

(磯山さやか似の美女)にとって、二人の男を同時に受け入れるのは初めての経験だった。精を射尽くされた口は陵辱から解き放たれ、白濁の液を滴らせる。舌と唇の間を白い糸の粘りが連なり、祐希の心を嘲るように揺れ動く。茎は張り裂けんばかりに膨らみを増し、亀頭の脇が粘膜の壁を抉るように撫で回す。(磯山さやか似の美女)の体は反り返り、祐希の目の前で若い暴虐の精を受け入れる。先が小刻みに震えながら戸渡りをなぞり、信次がまだ経験したことの無い至極の悦楽を舐め与えた。

先生… 愛してるよ… 誰よりもずっと… 祐希は、(磯山さやか似の美女)の体を両腕で抱き締め、偽りの無い言葉を耳元で呟いた。秘部と咽喉を二つの肉茎に貫かれながら、込み上げる息苦しさと嗚咽混じりの陶酔の中に体全体が沈んでいく。舌と喉に粘液を浴びせながら、陵辱の悦に酔いしれたのだ。次の瞬間、少年はその想いの証を差し出すように、(磯山さやか似の美女)の中で激しく脈打ちながら純白の精を放った。いつの間にか陵辱の首謀者は、教師の前で本能の全てを晒しながら、更なる悦楽の施しをねだっていた。唾液を塗り付けられた袋は舌の柔肌に悶え、濡れ光りながら縮動する。

スポンサーサイト
[PR]


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。